Tag Archives: スマホカジノ

進化を続けるネットカジノの世界

ネットカジノの歴史は1994年から始まります。
アンティグア・バーブーダがネットカジノの運営者に対して、
正式ライセンス発行を認める判決を下したことがきっかけとなり、
その歴史がスタートしていきました。

このアンティグア・バーブーダというのはイギリス連邦加盟国であり、
今日においてもネットカジノ運営者にとってはライセンス取得の候補国として人気を博しています。

同年、ネットカジノのソフトウェアを開発するマイクロゲーミング社が作られました。
この会社からは、クリプトロジックやボスメディアといったソフトウェアが開発され、
これらは今日においてもメジャーな存在として知られています。

それから4年後、今のネットカジノには定番の存在となっている
プログレッシブジャックポットゲームが作られました。
またその1年後の1999年には、マルチプレイヤーテーブルを初めとした
ネットカジノをさらに楽しくさせるような機能が開発されていったのです。

ネットカジノが登場したばかりの頃は、カジノを楽しむサイトも数十個程度しか存在しませんでした。
しかしその歴史が積み重なるにつれ、サイトの数も増えていきましたし、ソフトウェア開発会社の数も増えていきました。

今日ではインターネット上における大規模市場のひとつとして、このネットカジノは注目されています。
市場の活性化と共に、スポンサーシップのシステムも変わっていき、世界的に有名なサッカーチームの中には
ネットカジノのスポンサーになっているところもあります。

ベラジョンカジノのメリットとは?

ベラジョンカジノのメリットとして挙げられるのが、
様々なギャンブルの中でも最も配当が多いという点にあります。
カジノでのプレイヤーが賭ける金額での配当される数字をペイアウト率と言います。

日本で一般的なギャンブルというとパチンコがありますが、
パチンコのペイアウト率は約80%で、競馬の場合には約70%となっています。
また、年末ジャンボやグリーンジャンボなどの宝くじの場合、約40%です。
そこで気になるのは、ベラジョンカジノのペイアウト率ですが、約97%となっています。

1万円賭けると9700円が還元として返ってくるという計算です。
勝てるギャンブル、勝てないギャンブルと言う意味では、
宝くじは最も勝てないギャンブルと言えますし、
ベラジョンカジノのほうが勝てそうですね。

これだけのペイアウト率gを実現している理由は、オンラインで店舗、人件費などのコストがかからない事です。
宝くじの場合宝くじ売り場があちらこちらにあります。
小さいプレハブのような建物ですが、常時店舗で販売している人がいますしあの店舗にも維持費はかかります。

生命保険や自動車保険などもオンラインで完結するため、保険料も低価格になっている事と同じことですね。
また、日本ではカジノはできないため、カジノをするには海外でしかできないギャンブルでした。有名なところはラスベガスやマカオなどです。
海外で実際にやるギャンブルは楽しいかもしれませんが、日本にいながらカジノで遊べる事が何よりもメリットと言えるのではないでしょうか。